クリアネオは敏感肌でも大丈夫?副作用はない?

 

クリアネオは消臭効果や制汗効果、効果の持続性が高いという口コミが多いですが、

 

いくら効果が高くても刺激が強くてお肌が荒れてしまったり、違和感を感じるなどの副作用があると、安心して長く使っていくことは出来ませんよね?

 

管理人も敏感肌なので、副作用に関してはかなり気になりました。

 

ここではクリアネオが敏感肌やアトピーの方でも安心して使うことが出来るのか、副作用について実体験を元にご紹介します。

 

 

クリアネオの成分

 

まずはクリアネオの成分を知って、副作用のあるなしを検証してみましょう。

 

 

殺菌成分

 

イソプロピルメチルフェノール

 

イソプロピルメチルフェノールは、多くの細菌やカビ菌に対して高い殺菌作用がある成分です。安全性も高く環境にも優しい殺菌・消毒作用があり、高い保湿効果もあります。

 

柿渋エキス(柿タンニン)

 

柿渋エキスは色々な悪臭成分をもとから絶つ高い消臭効果が認められている成分です。高い殺菌効果がありますが、植物由来の天然成分なので、デリケートな肌にも安心して使うことが出来ます。

 

ドクダミエキス

 

殺菌作用、抗炎症作用、解毒作用、強心作用などがあり、漢方などにも使われる成分です。こちらも天然成分なので安心です。

 

 

制汗成分

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛

 

収れん作用、防腐、殺菌作用に高い効果があります。低刺激で医薬品や化粧品などにも使われていて、皮膚を清潔に保つ効果や脱臭効果もあります。

 

シャクヤクエキス

 

収れん作用、抗炎症、抗菌、抗酸化、血行促進作用、保湿、メラニン生成抑制に優れていて、しみやくすみ対策にもてきしています。

 

 

お肌を整える成分

 

甘茶エキス・ユキノシタエキス

 

どちらの成分も保湿やお肌のコンディションを整えるために、よくクリームや乳液、美容液などに使われています。アンチエイジングにも効果があります。

 

セージエキス

 

保湿作用、美白作用があり乾燥からお肌を守りうるおいを与える目的で配合されています。敏感肌の方にはオススメの成分です。

 

海藻エキスー5

 

ミネラルを豊富に含んでいて、お肌にハリを与え、コラーゲンの生成を促す働きがあります。アンチエイジング効果もあります。

 

 

クリアネオ成分まとめ

 

クリアネオは、高い効果と安全性が認められている殺菌成分を制汗成分を使用していて、さらに天然成分を配合して、臭いや汗を抑える効果を高めつつ、肌のコンディションを整えるつくりになっています。

 

成分的には副作用が心配になるようなモノは入っていないようですね。

 

 

クリアネオの添加物

 

 

クリアネオは無添加処方で、無添加です。

 

香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、オイル、紫外線吸収剤を使用していません。

 

 

 

クリアネオはパッチテストを行っていて、アレルギーがある方や敏感肌、乾燥肌の方でも、お肌に異常が出た方はいなかったようですね。

 

 

クリアネオの副作用まとめ

 

管理人はクリアネオを使う前は、市販のロールオンタイプのモノをつかっていましたが、熱を持ったような違和感を感じたり、赤くなってヒリヒリすることがありました。

 

クリアネオを使うようになってからは、違和感を感じたり、お肌のトラブルが起きたことは今のところ一度もありません。

 

成分も効果が高く、お肌には優しい厳選したものを使っているようなので、個人差はあると思いますが、クリアネオは副作用はないと言っていいのではないかと思います。

 

ドラックストアなどで販売されているデオドラント製品を使っても大丈夫な方は、クリアネオは問題なく使用できると思います。